電子資料の利用に関するご案内

インターネット経由でご利用いただける電子資料(電子書籍、電子ジャーナル等)についてご案内いたします。ご自宅での学習、研究の際にぜひご活用ください。

電子書籍・・・インターネット経由で閲覧できる図書。本学では約5,300冊閲覧可能。

電子ジャーナル・・・インターネット経由で閲覧できる雑誌。本学では約12,000誌閲覧可能。

電子資料の利用範囲拡大に関する情報はこちら

電子資料の利用方法

  • 電子資料は様々なデータベースを通じて提供されています。データベース一覧は図書館ホームページの「データベース検索」メニューから確認できます。代表的なデータベースとアクセス方法は以下のとおりです。
電子書籍 Maruzen eBook Library,
EBSCO eBooks,
Springer eBook など
[図書館HP]→[データベース検索]→[図書・雑誌]よりアクセス
電子ジャーナル JSTOR,
Academic Search Premier,
ScienceDirect,
SpringerLink など
[図書館HP]→[データベース検索]→[雑誌記事・論文]よりアクセス

 

  • データベースをご利用の前に、必ず「利用上の注意」をご確認ください。
  • データベース一覧のページで「FREE」「VPN」「学認」「要ID」というアイコンのどれかが表示されているデータベースは、ご自宅でも利用できます。
  • VPN」「学認」を利用したアクセス方法はこちらでご確認ください。
  • VPNによるデータベース利用をご希望の方には、接続マニュアルを配付しています。図書館2階カウンターまたはメールでの受け取りが可能です。メールで受け取りたい方はこちらからお申込みください。

電子資料の検索方法

電子資料は各データベース内で検索できますが、電子書籍と電子ジャーナルについては図書館ホームページトップの検索窓から網羅的に検索できます。

  • 電子書籍の場合は検索窓の「蔵書検索(OPAC)」をご利用ください。「詳細検索」ボタンをクリックし、資料種別を「電子図書」に指定すると検索できます。
  • 電子ジャーナルの場合は検索窓の「電子ジャーナル検索」をご利用ください。雑誌タイトルを入力して検索すると、Web 上での本文閲覧の可否や、図書館での紙媒体の所蔵状況がわかります。
  • 検索窓の「機関リポジトリ検索」からは、本学発行の紀要や博士論文を検索・閲覧することができます。

電子資料の利用に関する情報

  • 現在、様々な出版社が無償で電子資料の利用範囲を拡大しています。以下のページに情報をまとめておりますのでご覧ください。情報は随時更新いたします。

    電子資料の利用範囲拡大に関する情報<8月8日更新(更新箇所を黄色背景で示しています)>

  • 自宅での学習に役立つWebサービスをまとめましたのでご覧ください。情報は随時更新いたします。

    学習に役立つWebサービスに関する情報<5月8日更新>